TSUNEISHI HOLDINGS

ホーム > 企業情報 > 経営について

経営について

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスの考え方

当社は、企業理念で掲げる「社員の幸せのために事業の安定と発展を追求する」を実現し、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を図るために、コーポレートガバナンスの充実を経営に関する最重要課題の一つと認識して取り組んでいます。社会からの要請や社会的責任を意識しながら事業を展開し、「支持される企業」を目指します。
この考え方のもと、当社は監査役制度を基礎とし、取締役の2名以上を社外取締役とすることによって、経営の透明性を高めるとともに、監督機能を強化することにより実効性のあるコーポレートガバナンスの体制を構築しています。また、執行役員制度の導入により、経営の意思決定と業務執行の機能の分離を図り、迅速な経営判断、業務執行を行っています。このほか、取締役会の機能を補完するため、グループ経営会議、グループマネジメント会議、コンプライアンス委員会、グループコンプライアンス会議を設け、それぞれの会議、委員会の目的を果たすべく迅速でオープンな討議、決定を行い、公正かつ透明性ある経営を実現する仕組みを構築しています。また、内部統制システムの適正な運用にも継続的な取り組みを行っています。

コーポレートガバナンスの概要

組織形態 取締役会設置会社
代表取締役社長 神原 宏達
取締役人数 6名、うち2名が社外取締役
監査役人数 1名
2019年12月期
取締役会開催状況
開催回数 15回
議案の一例 年度予算、決算の承認、役員人事の承認など
監査役が出席する主な重要会議 取締役会、グループ経営会議、グループマネジメント会議、グループコンプライアンス会議
会計監査人 清陽監査法人

コーポレートガバナンスの体制

画像を拡大してご確認いただけます。

コンプライアンス

基本的な行動規範の徹底

当社は、企業理念、価値観、目指す姿、行動指針を掲げるとともに、行動規範を制定し、役員・社員一人ひとりが事業や担当業務を遂行するに当たって遵守・尊重すべき倫理観・価値観を掲げることにより、企業倫理の浸透と定着の実現を図り、当社のコンプライアンス経営の推進を図っています。また、当社は、行動規範に基づき、コンプライアンス・マニュアルを作成し、役員および社員に対してコンプライアンスの遵守の徹底を図っています。

行動規範 ~5つの善根~
善因善果 善きことを思い、善きことを行うことで、善き結果が生じます。
     私たちは、常石グループ企業理念を実現するため、次のことを実践します。
  最善 常に謙虚で素直な心で、周囲に耳を傾け、最善を尽くします。
  善心 常に良心に恥じない行動を貫きます。
  親善 常に互いを思いやり、親和・協力し、自他ともに成長します。
  勧善 常にどんな小さな不祥事も不正も見逃さず、躊躇なく声をあげます。
  善隣 常に地域社会と共に歩み、信頼・期待に応えます。
     ※「善根」・・・あらゆる善を生み出す根本となるもの

内部通報体制

当社は、社内に内部通報窓口を設置し、当社および当社グループ会社役員、社員向けに内部通報体制を構築し、運用しています。各種コンプライアンス活動とともに、内部通報窓口への相談、報告を通じて、当社グループのコンプライアンス向上を図っています。

画像を拡大してご確認いただけます。

企業情報トップへ戻る